健康・衛生

カテゴリ:健康・衛生 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが



いまさらで申し訳ありませんが、放射能汚染関係でたまに見ているサイトを紹介します。

測ってガイガー!」というサイト。



最近になってニュースなどでも取り上げてくれるようになりました。

だけど知らない方も居ると思いますので、今回お話させていただきました。


重くて見れない方は、地図の右下にある“大きい地図で見る”をクリックしてくださいね。




見る際の注意点ですが、測定日に気をつけてください。

旅行先や近所・・・ここの数値が高い!


なんて数値だけ見て思っても、良く見れば6月に測定したものも記録されています。

数ヶ月前の記録でしたら、現在とは随分とかけ離れた数値になる場合もありますので慌てず落ち着きましょう。




気になる方はぜひご利用・ご確認ください。


スポンサーサイト

赤ワインで健康になりたい。(飲みたいだけというのはヒミツ)



やっとこさの週末。

かうとては土曜日も仕事ですけどね



今週は写真を撮りたい場面が沢山あった!

でもカメラが無く、しぶしぶ眺めるだけのお預けをくってしまいました。


そんな今日は久々の更新です。




特に何もないですよ?

若干、余裕ができたので更新しています。もう朝の4時半ですけどね。。。





えーっと、報告できることあるかなぁ。




メルシャンの安いワインを買ってみたら、あまりのマズさに絶句したとか。。。



かうとては赤ワインが好きなのです。

赤のワインとカマンベールチーズの組み合わせがたまらなく好き。


この組み合わせを用意して、食事を採りながら、そして食後にチーズを食べながら・・・

ぼーっと美味しい時間を過ごしていると、あっとゆう間に今の時間になります(汗



適度な飲酒は、健康のためにいいんです(WHOのプロジェクトでも実証済み)


なんかこう、健康にいい!って聞いちゃうと、飲みたくなりますね。

ワインに関して言えば、間違いなくポリフェノールが大きく働いていることでしょう。



脂っこいものを食べるフランス人に心疾患が少ないのも、赤ワインを毎日飲んでいるからだとか。

・・・フォアグラとか毎日食べてたら無理だろうけど、普通の食事なら健康になれそう。




普通のお酒でも、適度な飲酒はストレスを和らげるという意味で健康にいいと思います。


かえって飲まない人のほうが良くないこともあるみたいですし。

まぁ長くなるので省きます。




適度な飲酒、適度な食事、そして適度な運動に十分な睡眠。

バランスの良い食事を~なんていうのがどこででも叫ばれている健康法。

一昔前の地中海風ダイエットとかいうのもそんなんでしょ?
(いつの時代だろ・・・


できてたら苦労しないんだよねぇ。



さてさて、十分な睡眠は健康にいいらしいので、どんなものか試してきますね。

それでは、おやすみなさい~


思ったより騒がれているので。



かうとてです。


関東で雨が降り、東京都の水道水で放射能汚染が見つかったとニュースで聞きました。



どうやらこれでまた、水の買い込み需要が始まりそうですね。





水が売ってない! なんて騒いだりしませんように・・・・。



とはいっても気にしてしまう方もいるでしょうし、

どうしても防ぎたい妊婦・乳幼児をお持ちの方へ。



簡単にですが、今回騒がれている放射性物質(131I)の対処法。




一般の普通のヨウ素と、放射性ヨウ素と量って言うのは体内の甲状腺に取り込まれるのですが

その量は大体決まっています。



解りやすく言うと、体内には甲状腺って言うタンクがあって、一日に入るヨウ素の量が決まっているのです。

また、ヨウ素と放射性ヨウ素は、同じものとして取り込まれます。



タンクに入る量が決まっているなら、普通のヨウ素を多く入れてあげればよいのです。

そうすれば、後から放射性ヨウ素を含んだ水を飲んでも、あまりタンクには入らず、溢れたものは体外に排出されます。

(わかりやすく説明しているので、実際とは違います。ニュアンスとして捕らえてください)



ではヨウ素をたくさんとるには?

1、イソジン

2、昆布を使ったダシ製品

3、養命酒




コンブとかワカメとかもありますが、スーパーに無いかもしれないので省いています。



1、イソジン

飲むな!とか言われていますよね。

飲んだらダメです。うがいしてください。

うがいしただけでノドの粘膜からある程度吸収されます。

ただし、うがいのしすぎは粘膜を痛めるのでダメ。




2、コンブを使ったダシ製品

お味噌とか、ダシの素とか?

お手軽ですよね。



3、養命酒

実は私も買っていたという、緊急時に使う予定だったお酒。

アルコール度数14%。高すぎ・・・。

子供や妊婦、車の運転をする人は、飲んじゃダメだぞ。






これらでいいのではないでしょうか?



ただ、注意してください。

ヨウ素も採りすぎれば、ヨウ素の過剰摂取を起こして甲状腺機能減退症等の副作用が発生します。



今回の説明は、あくまで気になる人への・・・

少しでも放射性ヨウ素の体内吸収(甲状腺への集積)を減らそうというのが目的です。

なにごとも過剰は毒になることをお忘れなく。



これ以外の生活する上での放射線防護は過去記事のコチラ


黙っていてもしょうがないけどね。



今日、関東地方でも放射線量が増えましたね。


東京で20倍、埼玉で40倍。

あまり騒がなくても大丈夫ですよ。





ただ気をつけていただく点もあります。


今日は20倍、40倍だったということです。

今後はもっと増える可能性も無いわけではありませんので。


とりあえず、不安なようでしたら下記の事を。




家内編・・・。


・家から出ない。コンクリートは優秀な防護壁なのです。

・洗濯物は部屋干し。外に干すと汚染されます。

・野外との換気をなるべくしない。

・汚染されたものを触った手で、物を食べない。

乳幼児に牛乳を与えない。 3/11以降のものはね・・・。
ストロンチウムとか含まれていると思うんだ、うん。




野外編・・。

・外出時間は短めに。

・外出時は使い捨てのマスク。洋服は肌の露出を少なくする。

・雨に降られて濡れない、絶対に頭から濡れないこと。


・家に帰ったら、玄関先で羽織っていたコートなど、外気に触れるものを脱いで
それぞれ別のビニールに入れる。

・まっすぐシャワールームへ行き、洋服は洗濯。

・髪の毛とかちゃんとシャワーを浴びる。
付着したものを洗い流すこと。洗うときに強くこすったらダメ。傷口から入るから。

・着ていた服は洗う

・家を出るとき、ビニール内の上着やコートを玄関先、または外で着て出て行く。



長時間、外気に触れた服を部屋の中で脱ぐと、汚染された塵とかを部屋中にばら撒くから気をつけましょうね。

それを吸い込むからね。




まぁ凄く簡単に書きました。

こんなんでも役に立てばいいなと思います。




疲れたのでこの辺にしておきます。

要望があれば続きも書くかもです。





思ったよりもニュースで色々な情報がでていたので、ブログが書きやすかったです。


ああ、コンブ?・・・買った人、多そうですね。。。こんぶぅ~


平凡な毎日

今日から第一三共さんより純国産インフルエンザ治療薬のイナビルが発売されましたね。

イナビルは吸入タイプのお薬なのですが、一回の服用で5日間有効なのだとか。
(タミフルとリレンザは一日2回、5日間使う)


しかも材料も製造も全て純国産というだけで、なんか信頼しちゃいますよね。

大切なご家族には、やっぱり安心してお薬を与えたいですからね、うん。


お値段もそんなに変わらないらしいですよ。




・・・あ、私は第一三共のまわしものではありませんので(笑

それと、来年は富士フイルムからもお薬が出るとか。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。